読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

himazabu's diary

義塾ひまざぶです。勉強に関すること、日々の生活の中で考えている、くだらないかもしれないことを発信していきます。

must と have toを通して学ぶnotの機能

義塾ひまざぶ 英語

いつもお世話になっております。

義塾ひまざぶです。

 

安河内先生はやっぱりすごいですね。

LとRの発音の違いは分かりやすかったです。

勉強になりました。@深イイ話

 

安河内の〈新〉英語をはじめからていねいに 1 入門編 (東進ブックス 名人の授業)

安河内の〈新〉英語をはじめからていねいに 1 入門編 (東進ブックス 名人の授業)

 

さて、中1の方はもちろん、受験生のみなさんも意外と明確化できていないであろうmustとhave toについて説明します。

 

You must drive a car.

You  have to drive a car.

上の2つの文は同じ意味です。

「あなたは車を運転しなくてはいけない。」

義務の意味になります。

 

ところが、否定形になると意味が変わります。

 

You must not drive a car.

「あなたは車を運転してはいけない。」

禁止の意味になります。

 

You do not have to drive a car.

「あなたは車を運転してもよい。」

許可の意味になります。

 

ここが結構ややこしいと思っている中学生は多いはずです。

私が指導していても、よく見かけます。

 

明確に区別するにnotの意味を考える必要があります。

notは「否定」を意味することはご存知かと思います。

しかし、それではnotを本当に理解したとは言えません。

君の隣のかずおくんの顔と名前と誕生日だけ知っていて「おれはかずおのマブダチ」と言ってしまうようなものです。

notと真のマブダチになりましょう。

 

notは「直後の単語を否定する」なのです。

must notの場合はnotがdriveを否定します。

なので、driveしてはならない禁止になるのです。

一方、do not have toの場合はnotがhave toを否定します。

なので、「しなくてはいけない」を否定し「しなくてもいいし、してもいいよ~」とちょっとニュアンスを弱めた許可妥協になるのです。

 

notを正しく理解すれば、読解や和訳にも応用できます。

ぜひ、マスターしてください!!

 

英語の授業、添削もガンガンやってます。