読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

himazabu's diary

義塾ひまざぶです。勉強に関すること、日々の生活の中で考えている、くだらないかもしれないことを発信していきます。

開幕戦で3番ファースト斉藤宜之に見るロマン ~萌えオーダー数え歌~

ぷらいべーと 野球

ひまざぶです。(o・v・o)

こんばんは。

 

本日は、2003年の読売ジャイアンツの開幕オーダーを振り返る。

小生は横浜ベイスターズファンなのに、なぜ読売のオーダーを振り返るのか。

それは、3番ファースト斉藤宜之、6番サード元木大介など萌えポイントが多いからで

ある。

 

         2002年          2003年

LF  清水隆行   .314 14本 58点                             .240 14本 44点

SS 二岡智宏   .281  24本 67点                            .300  29本 67点

1B 斉藤宜之   .310     5本 37点                            .289   11本 52点

CF 高橋由伸   .306    17本 57点                          .323   26本  68点

RF ペタジーニ  .322     41本 94点                          .323  34本   81点

3B 元木大介          .267       6本  52点                        .224      0本   14点

C   阿部慎之助      .298     18本  73点                        .303    15本   51点

2B 仁志敏久          .244        8本  42点                       .246      8本    34点

P   上原浩治          

 

いかかだろうか。

清水、仁志、元木といった選手が劣化の匂いをさせている。

 そんな中で、二岡、高橋由伸にまぎれて斉藤宜之である。

打率は2002年よりわずかに下がったが、打席数が増えているため善しとしよう。

なんと、元木ですら成し遂げていない2桁本塁打を達成し、チャンスに弱いという弱点も克服している。

余談であるが、顔も微妙に長嶋茂雄に似ており (私感) 、3番サード斉藤宜之が固定される予感をプンプンさせる。

 

しかし、相次ぐ故障等もあってこの2年がキャリアハイとなってしまった。

本当に悔やまれる。

バットの芯を掴み、ブルブルさせるフォームも魅力的であった。

 

なお、現在は東京ヤクルトのスカウトをしているらしく、ライアン小川を担当していたらしい。

大森剛といい、読売巨人軍で光を見せてくれた選手はスカウトとして奮闘しているのだ。

 

さいごに、もしも彼があのまま成長していたら昨年、残していたであろう成績を想定して終わりにしたい。

 

.303  18本  54点