himazabu's diary

義塾ひまざぶです。勉強に関すること、日々の生活の中で考えている、くだらないかもしれないことを発信していきます。

平家みちよは客員教授にもなれそう。

4月20日(月)にテレビ朝日系列で放送された「しくじり先生 俺みたいになるな!!」に平家みちよさんが講師役として出演されていました。

 

www.tv-asahi.co.jp

 

ハロプロに幾分か造詣が深い小生にとっても楽しみな回でした。

オーディションに落ちた者たちによる寄せ集めユニットであったモーニング娘。に辛酸を舐めさせられ続ける格好になったオーディションに受かった平家みちよさん。

その、数々の無念で悲しいエピソードが語られました。

 

f:id:himazabu:20150421092930j:plain

モーニング娘。との抱合せコンサートで平家みちよさんの歌唱時は席を立つ人が多かったとのエピソードです。

辛すぎますね。

 

f:id:himazabu:20150421092936j:plain

握手会でも、モーニング娘。と握手した人が平家みちよさんだけスルーするということもかなりあったそうです。

 

ハロプロを卒業しても泣かず飛ばずだった平家みちよさんは病んでしまい、「辞書でひたすら優しい言葉を引く。」という珍しいというか聞いたことのない症状に苛まれました。

正直、あのころの平家さんの扱いを見ていたら気持ちもわかります。

2001年のシャッフルユニット企画では後藤真希矢口真里と同グループの「7人祭」に参加していました。

 

サマーれげぇ!レインボー

サマーれげぇ!レインボー

 

 

TBSの「うたばん」という歌番組があったのですが、そのなかで石橋貴明さんに「この子、だれ?」といじられ周りのメンバーの嘲笑に耐え頑張っていた姿は忘れられません。

ルックス的にはエースを張れるものを持ちながら、ロックボーカリストの夢も壊されアイドルグループの末席に置かれる屈辱・・・・・・。

 

辞書を読みふけっていた彼女が出会った言葉がこちらです。

f:id:himazabu:20150421092941j:plain

 

「霧不断の香を焚く」

霧が立ち込めて途切れないさまですね。

彼女を包み込む霧が欲しかったということでしょうか。

 

しかし、現在はご主人とお子様にも囲まれ、シンガーソングライター「みちよ」として活躍中とのことです。

 

何より今回の授業で共感出来た部分として、「不運を天運やプロデューサーや事務所など環境のせいにせず、自分が歌手になっただけで満足していて甘かったことのせいにしていた。」という点があります。

私から見て、平家みちよさん自身の甘さや努力不足よりも、環境や時代が良くなかった面が大きいと思います。

しかし、そのような言い訳がなかった点はすばらしい講師だといえます。

 

そして、その日に出演していた堀江貴文氏やDaigo氏、前園真聖氏と比べて格段に本読みが上手く話術にも長けているという感想を得ました。

 

いっそ、シンガーソングライターだけでなく、客員講師とか客員教授もやってみたらどうかなあと思います。

 

試験だろうがオーディションだろうが「ゴールはスタート 一時の達成感に満足してはダメ」というメッセージを伝えていくのも面白い人生かも!