読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

himazabu's diary

義塾ひまざぶです。勉強に関すること、日々の生活の中で考えている、くだらないかもしれないことを発信していきます。

小松式ドネーションならぬひまざぶ式ドネーションによる投手の貢献度についての評価_3

ぷらいべーと 野球 数学 くだらないこと

himazabu.hatenablog.com

himazabu.hatenablog.com

 

今回は、セントラルリーグの投手を抽出する。

 

まずは、横浜DeNAベイスターズから見ていく。

f:id:himazabu:20150613193251j:plain

久保康友、井納翔一、モスコーソ、山口俊の4本柱はさすがの一言。

ひまざぶドネーションにおいてもエースの働きを示している。

三上朋也もルーキーながら守護神として大活躍であった昨シーズンを思い起こさせる。

三上朋也の復帰が待たれるとともに、今シーズンが終わったとき山﨑康晃がどういう数字を残すかが楽しみである。

 

f:id:himazabu:20150613193526j:plain

読売について、菅野智之、スコットマシソン、杉内俊哉はさすがである。

大竹寛の貢献度の高さを抽出できた点は興味深い。

内海哲也大竹寛の貢献度をどう評価するかは難しいところだ。

 

f:id:himazabu:20150613193723j:plain

メッセンジャー、呉昇桓、藤浪晋太郎は貢献度がかなり高いことがわかる。

岩田稔が先発としてローテーションを守ったことも評価できる。

 

f:id:himazabu:20150613193858j:plain

バリントン、ミコライオを移籍で欠き、中田廉も故障と不調で結果を出せていない。

2015年の広島東洋カープの不振について原因が見えた気がする。

前田健太、大瀬良大地は評価できる。

 

f:id:himazabu:20150613194102j:plain

山井大介、福谷浩司、又吉克樹、岩瀬仁紀は両指標で高評価になっている。

中継ぎ投手不利と見られてきたひまざぶドネーションでは又吉克樹が評価され、大野雄大が評価を落としている。

指標としてのバランスがとれていることも示唆される。

 

f:id:himazabu:20150613194330j:plain

東京ヤクルトでは石川雅規、ライアン小川、秋吉亮が目立つ。

こころなしか、他のチームよりも数字がガクッと落ちた印象がある。

 

以上、新指標としてひまざぶドネーションを挙げてみた。

今後、投手を評価する上で使用していきたい。

 

ちなみに、2014年NPBひまざぶドネーションランキングを以下に示したので参照されたい。

 

f:id:himazabu:20150613195415j:plain