himazabu's diary

義塾ひまざぶです。勉強に関すること、日々の生活の中で考えている、くだらないかもしれないことを発信していきます。

岩手県知事と大阪府知事の悪手

大阪府知事: 吉村洋文さんが「嘘のようなホントの話」として「ポビドンヨードを含むうがい薬がCOVID-19対策に有効である」旨の会見を開いたことで混乱を招きました。

このような検証結果については「専門家」が、「研究論文」の形式に則り発表する内容であったと思うので、シンプルに、府知事が発表した事自体が悪手ですよね。

吉村府知事の発言は、COVID-19対策の研究を阻害する可能性もありますし、医療の知識に明るくない府民を混乱に陥れたので責任は重いと考えられます。

 

しかし、大阪府知事以上に「自分が守るべき県民を混乱に陥れた」県知事が存在します。

岩手県知事: 達増拓也さんです。

まだ、コロナウイルス感染症が県から一人も出ていない段階での会見における発言の中で

「コロナ感染者第一号が出ても絶対に責めません。」

コロナウイルス感染者が出ていない要因のひとつは、真面目な県民性。」

という発言がありました。

 

前者の発言により、コロナウイルス感染者第一号がより目立つ形になってしまいました。

後者の発言により、「コロナウイルスにかかるということは岩手県民にあるまじき不真面目な人間である。」ということを逆説的に連想させる形になってしまいました。(それも、無意識に)

 

結果として、岩手県コロナウイルス感染症患者が発生した際に大きな混乱を招き、感染者やその勤務先は晒され、責められ、その対応に追われる形となりました。

岩手県民がますます、コロナウイルス感染を確認するためのPCR検査を受けにくい状況になってしまっています。

 

都道府県知事はCOVID-19対策にかなりエネルギーを使い、本来は国が負うべき責任まで負ってしまっている部分があることは慮るべきです。

とはいえ、その責任を負ってしまっている以上はまっとうする義務があると考えます。

 

大阪, 岩手に限らず各都道府県知事の対応を見守りつつ、自分なりにCOVID-19の在る世の中を考えたいと思います。