読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

himazabu's diary

義塾ひまざぶです。勉強に関すること、日々の生活の中で考えている、くだらないかもしれないことを発信していきます。

前橋育英!群馬県勢100勝目を決めた!

headlines.yahoo.co.jp

 

前橋育英高校が中村高校を破り、甲子園初戦に勝利しました。

 

私が注目したいのは2番手で登板した皆川喬涼投手。

 

度胸の有りそうな顔立ち、キレのある速球はMAX140km/h中盤を記録。

 

チェンジアップ、スローボールを織り交ぜた緩急自在のクレバーさを持ち合わせた投球は大物感を漂わせます。

 

関東大会では強豪関東第一高校をも翻弄した右腕に今後も目が離せません。

 

皆川投手に注目して、今大会を注視していきたいところです。

 

群馬県には縁もゆかりもありません。笑

日本一よくわかる北海道日本ハム強さの理由 「監督の意図を理解してプレーする。」

 

「監督がなぜこの場面で自分を起用したのか?その糸を理解してプレーしてほしいですね。」

岩本勉さんの解説でよく耳にするフレーズだ。

 

himazabu.hatenablog.com

 

監督の意図、そこにこだわる理由は本書籍に示されている。

 

f:id:himazabu:20170316195124j:plain

 

「日本一よくわかる北海道日本ハム強さの理由 なぜ常勝球団になれたのか」

 

f:id:himazabu:20170320064447j:plain

目次を開くと・・・・・・栗山監督の凄さ・・・・・・。

「独身」が人望のキーワード?

 

実際、読みすすめてみると栗山監督が選手起用においてどれだけ思考を巡らせて、理想をカタチにしようとして采配を振るっているかがよく理解できる。

監督就任発表時、賛否両論が飛び交った。

岩本勉さんはその当時から栗山監督の野球理論を基に「栗山監督は素人だ。」という心無き批判に諭すように反論していた。

岩本さんが、「栗山監督の意図を理解しなさい。」というのは栗山監督の考えの深さを理解している故であることがわかる。

 

本書では球団、親会社の方針にも言及する。

食肉営業担当の方が広報部に移って必死に球団をアピールしてくれている様子などが現役時代の視点も交えて描かれている。

岩本勉さんは、北海道移転に際してファンの方と交流を持ち、親会社の方ともタッグを組んで活動してきたからこそ視野の広い解説ができるのだ。

ファンの応援スタイルや、球団を取り巻く環境全てを解説できてしまうのは岩本勉さんくらいのものだと思う。

よく、「雑談」と称され自分でも「脱線」と表現するが「野球文化の深化」のために必要な言葉しか発していない。

 

岩本勉さんの視点からファイターズの強さを広く解説してくれた本書。

これから、野球観戦の傍らに置いておきたい。

 

「アイオクリ/ The STROBOSCORP(miwa)」のサビが「ヴァンパイア/ Janne Da Arc」のサビに酷似している気がする。

標題の通り!

 

www.youtube.com

0:51~がサビ。

andropのボーカル内澤崇仁が作曲。

 

www.youtube.com

1:13~がサビ。

情けなくていい~傍にいたいだけ~♪

3:15~からがドキドキしますね。

 

天下のJanne Da Arc様をパクるとはいい度胸やな?(`・ω・´)

まあ、たまたま似ちゃったってこともあるのかな?(。-∀-)

 

愛撫する指をへし折りたい~♪

パクリ曲弾く指をへし折りたい~♪

 

後味の悪い感じが記事になってしまいそうので、

Janne Da Arc活動再開を祈願して結びの言葉に変えさせていただきます。

「LGBTが働きやすい会社」とか言われたり、「社内規程に盛り込みました。」とか言ってる時点で働きやすくなっていない。

ninicosachico.hatenablog.com

 

竹山さんのすべらない話についての記事が話題になっていますね。

カンニング竹山さんは「カンニング」を背負った芸名からして「死と笑いとは?」という命題を背負って芸能活動をしている方であると考えられます。

前田健さんの死」を「芸人仲間の早すぎる死」、「自分を愛してくれていた人間の死」、「死に対しての周囲の反応」という3点を考慮しながら笑いに消化するという覚悟というか決意が見えたのですべらない話を見ていて感動しました。

 

一方で、視聴者や会場にいた芸人たちが「同性愛を笑う」という部分に着目してしまっている要素が強まってしまっています。

 

そこで私は「LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーといった性的マイノリティ)が働きやすい会社」の話題を思い出しました。

www.huffingtonpost.jp

 

LGBTが働きやすい会社」にしようという取り組みが増えるのは良いことです。

しかし、「LGBTについて考慮してます。」と明言したり表彰の対象にすることについては違和感を禁じえません。

私だったらそのようなことを謳っている会社で働こうとは思えません。

 

実際、社内規程などの条文に「性的マイノリティーを理解し、差別しない。」と盛り込まれる企業も多くなってきています。

その取り組みの一環として、昇進および採用時の面接で以下のような質問が投げられる例もあると聞きました。

「もし、あなたの部下(同僚)がLGBTだと知った場合にどう対応しますか。起こりうる問題点はなんだと思いますか。」

それに対して、以下のような回答がなされ、問題なく面接は進行したようです。

「同性を好きになる可能性は仕事に支障をきたすことにもつながるので、適切な配置変換をするなど工夫をすることが大切です。」

 

まず、質問自体が「LGBTを理解していない」状態で行われています。

決して、総務人事部が独断でマニュアル的に理解を促し、教育を実施できる項目ではありません。

「本当にLGBTが働きやすい会社」を作ろうとするのであれば、せめて経営者なり人事担当者だけでもLGBT総合研究所のサイトを一読するなりコンタクトを取るなりしてほしいです。

 

質問および回答を総合すると「LGBT=仕事をする環境を乱す」という前提が出来上がってしまっていることにも違和感を覚えます。

一般的大多数である「異性を好きになる」社員たちと起こりうる問題点は変わらないはずです。(社内恋愛のリスク?←恋愛は自由なはずなのにリスクと表現するのも・・・・・・。)

むしろ、あの人のために頑張ろうというモチベーションにつながるメリットのほうが大きいと考えることもできます。

 

少なくとも、勘違いした状態でLGBTに関しての取り組みを実施したことを謳ったり、面接や面談などでケアーしているふりをしているような会社では働きたくはありません。

 

LGBTについて正しい理解が進み、本当に理解ある世の中になるように祈ります。

その一助になるように、LGBTについて本当に理解するための活動をしていきたいと強く思います。

ファイターズのエースから野球解説のエースへ 岩本勉さんの野球解説における「野球文化の理解についての深化」

youtu.be

 

ファイターズ レジェンドシリーズ2016 特別映像 「エースの系譜」がすばらしいです。

大谷翔平金村暁金石昭人などの名投手から語られるエピソードはファイターズファンならずとも野球ファンなら胸を熱くするものになっているのではないでしょうか。

それらの投手も印象に残りますが、私の中ではやはり「岩本勉投手」がエースというイメージが強いです。

世代的にも小学生中学生ぐらいの時にちょうど岩本勉投手、ガンちゃんがエースだったので印象が強いこともあります。

なにより、2年連続開幕戦完封勝利 (稲尾さん以来の記録) であったり、ジョニーこと黒木知宏や平成の怪物こと松坂大輔との熱い投げ合いは胸を打ちました。

T.ローズやクラークなど外国人選手に対しては、闘志むき出しかつスローカーブで焦らすクレバーなピッチングで翻弄する姿に意地を見ました。

各チームのエース級と言われる名投手との投げ合い、外国人打者とのマッチアップに異様に強いという特性は間違いなくエースでした。

 

そんな岩本勉さんの野球解説が大好きでGAORA野球中継をいつも楽しみにしています。

現役時代からムードメーカーでならした彼なので「盛り上げる」解説がクローズアップされがちですが、野球に明るくない人でも野球ファンでも楽しめて勉強になる解説をしてくださっています。

そんな彼のすばらしい点を3つ紹介します。

 

①ファイターズの相手チームについて長所を見出してわかりやすく解説する。

 GAORAはファイターズ戦の中継においてはホームチーム贔屓を強くしている傾向があり、実況アナウンサーはその方針に従います。

 岩本さんは、ファイターズの選手だけでなく相手チームの選手について長所をわかりやすく分析して解説して下さります。

 交流戦なんかだと特に顕著で、セ・リーグの選手について「井納投手の投げっぷりとストレートの球威が素晴らしい。」とか「戸根千明投手の体重が乗ったフォームから繰り出されるストレートは勝ちパターンでも通用する。」と具体的に解説します。

 ファイターズファンにとってもセ・リーグの選手を知る機会になりますし、セ・リーグのファンにとっても誇らしい気持ちになります。

 

②野球理論にブレがない。

 「ピンチにマウンドに上がった中継ぎピッチャーの回跨ぎは、アドレナリンを出し切った状態になるので打たれる可能性が高い。」

 「5回が終わるとグラウンド整備もあるしファンの方も席を立たれるブレークタイムになるので球場の雰囲気が変わる。それにより先発ピッチャーは6回に崩れるパターンが多い。」

 「足で大地をしっかり感じながら投げることが大事。」

 野球を観る上でもプレーする上でも参考になる理論を植え付けてくれるので参考にも勉強にもなります。

 

③プレー以外の解説もする。

 たとえば、始球式が行われていたりするとそのタレントさんや市長さんにまつわるエピソードをポロっと話す。

 ファンが面白い応援プレートを出していたりすると、「この色遣いであれば選手もグラウンドから見やすいですよ。」

 女子高生3人組が楽しそうにしていると「こういう思い出が野球につなぎ止めるだけでなく、学校生活にもいい影響を与えるはずですよね。」

 実況のワンフレーズにも、球場飯にも、なんでも喰らいついて情報を入れてくれます。

 そのような点から、「野球の試合」を解説するだけでなく試合および選手の周りを取り巻く環境を含めた「野球という文化」を解説しているといえます。

 

 新庄剛志さんが「プロ野球の存在意義とは、その街の暮らしが少しだけ彩られたり、単調な生活がちょっとだけ豊かになることにほかならない。」という言葉を残しています。

岩本勉さんは、「野球文化の理解についての深化」に貢献することでプロ野球の存在意義を高める解説をしてくださっています。

今後も、優勝争いCS争いが激化するプロ野球と解説者のエース岩本勉さんから目が離せません。

日野瑛太郎さんとは分かり合えないと強く思わされた一枚の画像。

 

脱社畜の働き方~会社に人生を支配されない34の思考法
 

私にもサラリーマンとして働いていた時期がある。

もちろん、その期間には「会社の命令には従う。」「上司の言うことは聞いておくものだ。」「プライベートよりも仕事を優先するべきだ。」という価値観に縛られていた。

 

そんな中で、日野瑛太郎さんの「脱社畜ブログ」に出会った。

「定時ダッシュ、有給休暇取得、転職」という「社畜」の価値観では悪とされている事象に対して「当然の権利」であるという内容が記載されていた。

目からウロコが落ちるような気分で記事を読み漁った。

気がつくと目からは涙がこぼれ落ちていた。

「思うままに生きよう。」

間違いなく、私の人生感に影響を与えた。

 

日野瑛太郎さんが著書を出したとの報せを聞いた私は書店に走り「脱社畜 ~会社に人生を支配されない34の思考法~」を購入した。

家にダッシュで帰り、ワクワクしながら読みすすめていた。

やはり内容は共感できる、励まされる内容だった。

しかし、あるページにさしかかったところで私の勢いは止まった。

 

f:id:himazabu:20160815205542j:plain

 

日本の食卓ではマナーとして「ご飯を左、汁物を右」に配置することとなっている。

この画像では真逆の配置がなされている。

 

不快感で頭がいっぱいになった。

「従来の価値観に染まってはいけない。」という意図を込めて敢えてそうしたのかもしれないとも考えた。

そうだとしても、「食べることは生きるためにとても重要な活動だ。」ということを強調する画像としてマナーを無視したこの画像はいかがなものか。

日野瑛太郎さんとは心の底から考え方を一致させることはできない。

たった一枚の画像で私は我に帰った。

 

しかし、「脱社畜」への理解は変わらない。

日野瑛太郎さんとは違う形で、私は私なりに「脱社畜への道」を築いていこう。

そう決心した。

日野瑛太郎さんにも、食卓の画像にも私は感謝しなければならない。

菊池亜美ってどちらかといえばエリアンじゃなくてミランダだよな。

f:id:himazabu:20160703170509j:plain

f:id:himazabu:20160703170518j:plain

f:id:himazabu:20160703170527j:plain

うん、やはりミランダだ。

 

エリアンエレラ エリアンエレラ タッタタラリラ〜♪

エリアンエレラ エリアンエレラ 打ってスタンドへ〜♪

 

吼える一撃 そのパワー見せてくれ

打てミランダ レッツゴーミランダ〜♪