読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

himazabu's diary

義塾ひまざぶです。勉強に関すること、日々の生活の中で考えている、くだらないかもしれないことを発信していきます。

炭酸ナトリウムの製法であるアンモニアソーダ法について

義塾ひまざぶです。

アンモニアソーダ法について解説いたします。

これまでも、1族の単体や化合物について解説してきました。

 

アルカリ金属化合物の性質 ~ぱーと1~

http://himazabu.hatenablog.com/entry/2014/01/14/022805

 

今回は、アンモニアソーダ法です。

 

 

まず、塩化ナトリウム水溶液にアンモニア二酸化炭素を吹き込みます。

f:id:himazabu:20140215210014p:plain

 

主反応①で生成した炭酸水素ナトリウムを焼いて熱分解することで炭酸ナトリウムを

得ます。

f:id:himazabu:20140215210253p:plain

 

主反応①で使用する二酸化炭素は、炭酸カルシウムの分解でまかないます。

f:id:himazabu:20140215210708p:plain

 

主反応①で使うアンモニアは、水酸化カルシウムと主反応①で得られた

塩化アンモニウムでまかないます。

f:id:himazabu:20140215211113p:plain

 

副反応④で使う水酸化カルシウムは副反応③で生成した酸化カルシウムと水との

反応により得られます。

f:id:himazabu:20140215211341p:plain

 

ざっくり全体図にするとこんな感じです。

f:id:himazabu:20140215212205p:plain

 

炭カルと塩から炭酸ナトリウムと塩化カルシウムを作るイメージですね。

 

全体図は、自分でイメージしやすいように描いてみてくださいね。