himazabu's diary

義塾ひまざぶです。勉強に関すること、日々の生活の中で考えている、くだらないかもしれないことを発信していきます。

渡辺直人選手引退に寄せて ~風を切り裂いて走れ~

衝撃のニュースが飛び込んできた。

 

www.nikkansports.com

 

渡辺直人といえば、私の中では「渋さと巧みさ、スピードを兼ね備えた選手」というイメージである。

ファイターズとベイスターズを応援してきた身としては、以下のように印象が強い。

 

1.  2009年CSでの好プレー

 ファイターズと戦ったのは、CS初出場と野村監督退任により覚悟と勢いが同居した

    手強い東北楽天イーグルス

 その主力であったのが、ショートストップ渡辺直人だ。

 守備で何度も好プレーを魅せ、ファイターズを苦しめた姿が忘れられない。

 

2. ベイスターズでの孤軍奮闘と逆境

 金銭トレードと言う形でベイスターズにやってきた渡辺直人

 DeNAに屋号が変わる前の球団において、「勝ち方を知っている数少ない野手」として

 ベイスターズで躍動していたのが忘れられない。

 横浜DeNAベイスターズに生まれ変わってからは、石川雄洋育成の名のもとに

 ショートからセカンドへのコンバートだけでなく出番の激減など逆境に立たされる。

 その中でも、チームに貢献する姿が忘れられない。

 ちなみに、石川雄洋をキャプテンに推薦したのは森本稀哲渡辺直人だという

 エピソードも残っている。

 

3. ライオンズでの野球道

 ライオンズに移籍してからは、森本稀哲脇谷亮太とともに歩んできた野球道を

 チームに見せる姿が印象強い。

 内野どこでも守れて、勝負強い打撃、本当にかっこよかった。

 森本稀哲引退試合にも華を添える活躍。

 本当にかっこいい。

 

4. 帰ってきた男、Mr.イーグルス渡辺直人

 イーグルスに帰ってきたMr.イーグルス渡辺直人

 野球道の集大成を背中で、技術で魅せる男渡辺直人

 堀瑞輝から放った札幌ドームのホームランには思わず叫んでしまった。

 

松坂世代では最後に引退する野手となった渡辺直人

彼がこれから指導者としてどのような野球道を見せるのか、楽しみでしかたがない。