himazabu's diary

義塾ひまざぶです。勉強に関すること、日々の生活の中で考えている、くだらないかもしれないことを発信していきます。

今年のベイスターズ、かなりポジれるのではないか。

お題「#応援しているチーム

www.baystars.co.jp

 

gallery_image

今年も、プロ野球が始まった。

プロ野球の結果に一喜一憂する夏が来たのだ。

 

私が応援しているベイスターズは、カープとの3連戦において1勝2敗と負け越してはいるがポジティブ要素が多い開幕カードとなっている。

特にポジティブな要素と考えられる3選手の活躍を挙げたい。

 

1. スペンサー・パットン

    2020年の初勝利投手はパットン投手となった。

    開幕初戦, 3戦目ともに冷静かつ熱いハートと球威ある速球、キレのあるスライダーを

    駆使し安定したピッチングを見せてくれている。

    今シーズンは、勝ちパターンでの活躍が期待される。

    「今年のパットンは違う。」というファンも見られるが、「去年だけが

  おかしかった。」のだと思うし思わせてほしい。

 

2. マイケル・ピープルズ

    開幕2戦目の先発を務めた彼は6回1失点という素晴らしい結果を残した。

    ヒットを打たれてもホームランを打たれても飄々と投げぬくポーカーフェイス。

    三振もとれる、ゴロアウトもとれる自在性。

 今シーズン間違いなくローテーションを守ってくれる、そう思わせてくれるには

    十分すぎるピッチングであった。

    今永、平良とともに安定した表ローテを確立できそうだ。

 なにより、「BETTER TO BE A DEAD LION THAN A LIVING DOG」という個人

   スローガンも抜群にかっこよい。

 

3. 宮﨑敏郎

    開幕3戦目のサヨナラ打によりヒーローとなった宮﨑。

 このカードは逆方向への長打、ホームランも放つなど今シーズンは開幕から

   いいスタートダッシュが切れている。

   筒香がいなくなったこのチームにおいて、宮﨑敏郎がチームを引っ張っていく。

   その覚悟が見える。

 佐野恵太が今シーズン、すべての重圧を乗り越え真の四番になれるかは宮﨑敏郎が

 いかに彼の負担を減らせるかにかかっている。

 (そんなことは私に言われるまでもなく自覚していますよね。ごめんなさい。)

 

今年のベイスターズも本当に楽しみである。